徳する離婚相談など[新潟県五泉市・新潟市等]

離婚業務13年目。新潟県五泉市出身の「離婚行政書士」渡邉康明によります、新潟県の皆様の離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。なお、五泉市や新潟市などの、新潟県の皆様の離婚に関する業務も、もちろん可能です。なお、全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。面談も、もちろん可能(実家が五泉なので、宿泊費は、基本的には不要)。お問合せは、無料。詳細は各記事にリンクしたホームページを。幸せな離婚後のために。

【離婚に徳するお話】クレバーな対応

【クレバーな対応】
「カチン!」とくること。これは、誰だってあるかと思います。私にも、もちろん、あります。


しかし、だからといって、そのまま、貴方も、思うままの感情を、相手に対し、ぶつけたら…。


たぶん、相手と貴方との、「怒り→怒り→怒り→怒り」と、怒りの球の「リレー」が始まるでしょう。しかも、雪だるまのように、その球は、次第に大きくなり、双方に、向かって来るはずです。


たとえば、お互いに、罵り合ったり、傷つく言葉を浴びせたり、禁句を言ったり…。最悪の場合、暴力で、どちらか怪我をしたり、または、それ以上に…。


どうしても、人間には、感情があります。ですが、この感情が、貴方にとって、悪い流れを運ぶことが、あるのです。


「クレバーな対応」


これが、ときに、大事。


すなわち、ずる賢く、あえて、相手に「合わせる」のです。


謝ってしまったり、泣いてしまったり、悲しい顔をしてみたり、黙ってしまったり…。


要は、「最後に勝つために、今は、とりあえず、負けたふりをする」。それも、ときには、大切なわけです。最後に勝つためには。


「最後に勝つ」。そのためにクレバーな対応も、時に、いかがでしょう。


なお、対応は、クレバーにやる必要がありますから、もちろん、効果的にやる必要がありますよ。効果がなければ、意味がありません。


わざとらしかったり、口だけだと思われたり、演技だと思われたりなどしたら、むしろ、逆効果。逆に、相手の怒りが、火に油を注ぐように、増大してしまいます…。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室