徳する、夫婦・離婚相談[新潟県五泉市・新潟市等]

協議離婚や、別居、夫婦関係修復、婚前契約。夫婦サポート16年目。新潟県五泉市出身の行政書士、渡邉康明によります、新潟県の皆様の協議離婚、夫婦関係修復、別居、婚前契約に役立つお話。なお、五泉市や新潟市などの、新潟県の皆様のための業務も、もちろん可能です。なお、全サポートは、Zoom、LINE、郵送なども可能。面談も、もちろん可能(実家が五泉なので、宿泊費は、基本的には不要)。お問合せは、無料。詳細は各記事にリンクしたサイトを。お問合せは、無料。

【夫婦・離婚に徳するお話】これからの“婚前契約”

【これからの“婚前契約”】

先日、自分のコーチングの先生と、「なぜ、日本人は、結婚を“勢い”でしがちなのか」というテーマで、話していました。

 

 

 

そしたら、一つの仮説として、「日本人は、未だ、“恋”の心理状態のまま、結婚に突入しがち」、という結論に至りました。

 

 

 

「愛さえあれば…」

 

 

 

でも、「たまに会う」のと「一緒に暮らす」だけでも、人間関係は違いますよね…。

 


「家族」になるなら、なおさら。

 


私がいつも申し上げるように、「家族」には「本性」がでやすいものです。

 


だから、“恋”という“魔法”が、結婚式後、だんだんととけていけば、「こんなはずでは」になりやすい…。

 

 

 

やはり、「結婚前」に、【婚前契約】を作る中で、お互いに、「私たち、これからの結婚生活、大丈夫かなぁ」を、一度冷静になって確認するのが、今後は大切だと思います。

 

 

 

「恋」から「愛」への切り替え。ここが、実は、重要ポイント。

 

 

 

おそらく、昭和時代、「勢い」でも夫婦関係が成り立ってきたのは、「妻」が納得・我慢してきたからではないでしょうか。

 


「嫁ぐ」、「子ども」、「専業主婦」。

 


これらの影響により、一度結婚したら、仮に「理不尽」でも、無理矢理「納得」し、「我慢」するのが「妻」の役目…。

 

 

 

でも、「令和時代」は違うのです。

 


言うべきことは言う、という時代。“我慢”ではなくて…。

 

 

 

貴方の人生のターニングポイント。「勢い」だけでは、今後ますます危ういわけです。

 

 

 

【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】モラ夫(男)

【“モラ夫(男)”】

「モラ夫(男)」、すなわち、「モラハラ夫(男)」は、最近、多いような印象です。

 

 

 

それは、もしかすると、「嫌味」や「言葉の暴力」でないと、貴方に伝えられないのかもしれません。

 

 

 

ましてや、貴方を「下」にみていたり、「母」みたいなポジションに考えているから、甘えていらっしゃるようにも感じます。

 

 

 

まあ、これも、貴方に対する「支配欲」と、「コミュニケーション能力の低さ」が、まず影響していると考えます。

 

 

 

ただ、これは、「本性」なので、「どれだけ付き合えるか」の問題でしょう。

 

 

 

とりあえず、日々のモラハラ行動は、証拠に残しておく。

 

 

 

そして、限界を感じたら、残念ながら、離婚に向けて、動くのをおすすめします。

 

 

 

あと、モラハラ夫に「洗脳」されると、貴方やお子様も、それにやられますから、要注意。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】“ハッピーサイクル”と離婚対策

【“ハッピーサイクル”と離婚対策】

貴方の離婚問題。私の“ハッピーサイクル”の取り組みは、いかがでしょうか?

 

 

1.お問合せ

まずは、お問合せを。無料です。

その際、どのようなプランがご自分にとって最適か、また、業務に関するご不安点やご心配事を確認していただければ、と思います。

30分無料カウンセリング付き。「冷静」段階を、ある程度したいですね。

 

 

2.行政書士相談・離婚カウンセリング

離婚協議書などの法的書類作成のご相談と、離婚カウンセリング。

 


なお、行政書士相談と離婚カウンセリングは、セットがおすすめです。

 

 

3.「離婚後の計画書」の作成

離婚協議書を作る前段階で、貴方の離婚に関する今後の計画書を作成しましょう。

 


お子様のこと、お家のこと、お金のこと…。それらを、背景を分析したうえで、貴方と一緒に、計画書として、的確にまとめます。そこでは、貴方とお子様の「将来」をイメージしていただきます。

 

 


3の1.「共同親権」対策

共同親権か、単独親権か。また、どのようなポイントで、子供の親権を行なっていくか。

できれば、このタイミングで、私の「親子関係修復プログラム」を行ない、夫婦間で、話し合い、決めましょう。

 

 

4.離婚協議書の作成

上記「2」と、「3」、「3の1」により、「何が必要か」に貴方自身が気づかれた上で、ご夫妻で話し合い、ご夫妻で、離婚協議書の作成をしましょう。

 


さて、作る際は、まずは、「離婚基本5項目」から、考えましょう。

 


その次に、貴方がご不安な点も考えましょう。たとえば、「元旦那の電話が嫌」とか、「面会交流に関する調整の仕方」、「公正証書を作りたい」などなど…。なお、これは、上記「2」と、「3」、「3の1」でお気づきになるかと思います。

 


なお、公正証書を作りたい方には、離婚協議書に、その後のスムーズな公正証書作りのため、念のため、ちょっとした「仕掛け」を。

 

 

5.公正証書のサポートの依頼

約束を守られない場合、給与などの差押えが、比較的しやすいのが、公正証書を作るメリットの一つです。

 

 

ーこのタイミングで離婚の届出をします。ー

 

 

6.離婚後サポート顧問の依頼

「さて、離婚届も出したし…。しかし、今後も心配。元旦那、養育費きちんと約束通り払ってくれるかしら…。行政手続きも面倒といえば面倒。子どもの環境作りも心配だし…」

そこで、渡邉康明に、離婚後サポート顧問を依頼。

 

 

※ なお、この上記「1」から「6」ですが(ただし、「3の1」を除く)、「離婚フルパック(NO.5)」をお申込みいただければ、全て含まれます。

※ 「3の1」は、「親子関係修復プログラム」という別のプログラムです。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】何をされたら嫌なのか

【何をされたら嫌なのか】

インスタグラムを読んでいたら、この言葉が飛び込んできました。

 

 

 

すなわち、「何をされたら嫌なのか」、これを互いに考え、互いに気をつけられるのが、長く一緒にいられる秘訣なのだ、ということ。

 

 

 

でも、そうかもしれませんよね…。

 

 

 

嫌なことが多いと、一緒に居たくなくなるもの。それは、人間関係では、「基本」だと思います。

 


友人関係だってそう。夫婦関係なら、なおさらでしょう。

 

 

 

「デリカシー」、これも大切。すなわち、相手が傷ついたり、イラッとするようなことを言ったり、やったりしない、なるべくしない、ということ。

 

 

 

でも、逆に、「家族なんだから、遠慮はいらない」などというマインドの人もいらっしゃるわけです。

 

 

 

しかし、「家族だからこそ」、相手や家族への配慮って大切。

 


それが、家族の「チームワーク」を生みます。

 


それは、様々な夫婦問題をみてきて、思うわけです。

 


「家族なんだから、遠慮はいらない」、おそらく、これでは、遅かれ早かれ、上手くいかなくなるでしょう。

 

 

 

ちなみに、これも、「コミュニケーション」が基本。

 


すなわち、適時には謝りながらも、相手と会話を重ね、相手の「嫌なこと」をリストアップし、互いにそれを上手く回避していくことから。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦に徳するお話】“ヒスる”の理由

【“ヒスる”の理由】

特に女性に多いようですが、貴方に対し、いわゆる「ヒスる」場合があるようです。

 

 

「ヒスる」。感情的に、ワーっと言葉を間隔なく、文句や悪口などを浴びせるような「作戦」。

 

 

もちろん、そういう「性格」や、「パニック状態」、「ついに怒りが爆発」もあると思います。

 

 

しかし、おそらく、それだけでは済ませられないわけです。

 

 

それは、貴方の「発言封じ」と、貴方の「服従」。

 

 

つまり、

 


怒ったり、論理的に話す、諭すなど、貴方の発言や行動を、「言わせない、させない」という防御、

また、

「言っても無駄」に持ち込みたいのと、

貴方に言うことをあきらめさせたいのと、

そして、

自分に服従させたい、という作戦。

 

 


相手に「何も言わない“ATM”」となってくれれば、自分の「わがまま」が通りますから。

 

 

でも、それで、貴方は幸せでしょうか…。

 

 

さて、「ヒスる」対策は、どうすべきでしょう。

 

 

「聞かない」なら、LINEや、メール、手紙を使うか、または、相手にとって、立場の弱い人、まあ、親や、親戚、上司、友人などに間に入っていただくか…。

 

 

最悪の場合、証拠を残して、残念ながら、「離婚」もありえますよね…。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】これまでの相手

【これまでの相手】

恋愛段階でも、結婚時でも、結婚後でもそうですが、相手に対して、

「え…」や、

「え?」や、

「えーっ!」は、

なかったでしょうか。

 

 

 

すなわち、相手に対する、

「違和感」や、

「疑問」や、

「驚き」。

 

 

 

貴方には、まず、それに、気づいて欲しいのです。

 

 

 

相手に対し、気を許していくと、また、気が緩んでくると、「本性」や「本音」が出てきます。

 

 

 

特に、結婚後は、そうですね。「結婚したら、こちらの勝ち」みたいに。

 

 

 

で、貴方は、それに傷ついたり、苦しめられていく。

 

 

 

【結婚よりも婚約、婚約よりも自由恋愛】の段階で、合わない人とは、別れましょう。

 

 

 

つまり、自由恋愛の段階で、違和感を察知し、無理なら別れるための作戦に変更。

 

 

 

でないと、貴方がなかなか大変です。つまり、なかなか、別れにくくなるわけです。

 

 

 

さて、相手と一緒にいる時、観察してみてください。

 

 

 

合わない相手より、貴方の「幸せ」を優先しましょう。

 

 

 

【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を日々投稿しています、フォローもよろしくお願いします!

【夫婦・離婚に徳するお話】貴方から、考える

【貴方から、考える】

そもそも、通常の実務。

 


法的に必要なこと以外については、

「一般的」、

「傾向」、

または、ご本人でない、他の方の個人的「経験」や「価値観」

という基準で、済ます場合が多いようです。

  

 

しかし、これは私はとりません。

 


なぜなら、それは、「貴方」から見ていないから。つまり、それでは、貴方にとって「的確性」に疑いがあると、私は考えます。

 

 

よって、「貴方が、心の整理・分析と計画から、掘り下げて考えて気づいたことも、法的に必要なことに含め、二人でしっかり話し合い、よって、契約書を完成させる」という、「ワタシ」らしい方法。

 

 

「貴方から」考える。そして、「協議(話し合い)のメリットを存分に活かす」。離婚サポート16年目の、結論。

 

…貴方の「後の喜び」は、きっと、ここから始まるでしょう。

 

 

つまり、「ご家族」のための、「心と法律のハイブリッド」に挑む、なかなかないものの、実は「基本」と思う、準備のプロセス。

 

 

ただ、いずれも、なるべく早く準備を始めましょう。すべき準備は、今からあるはずです。

 

「準備」は、早ければ早いほど、後に、メリットが活きてきます。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊