徳する離婚相談など[新潟県五泉市・新潟市等]

離婚業務13年目。新潟県五泉市出身の「離婚行政書士」渡邉康明によります、新潟県の皆様の離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。なお、五泉市や新潟市などの、新潟県の皆様の離婚に関する業務も、もちろん可能です。なお、全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。面談も、もちろん可能(実家が五泉なので、宿泊費は、基本的には不要)。お問合せは、無料。詳細は各記事にリンクしたホームページを。幸せな離婚後のために。

【離婚に徳するお話】オンライン

【オンライン】
私の離婚サポート業務においては、基本は面談とするものの、電話や、メール、LINE、Skype、Zoomも、積極的に活用しております。


ただ、面談をオススメし続けるには、実は、わけがあります。


それは、互いに面と向かって、リアルタイムで、言葉のキャッチボールを交わす方が、お互いの表情がわかり、また、共感でき、よって、離婚相談や、打ち合わせに、最適であると考えるからです。


しかし、なかなか東京・台東区(JR上野駅近く)の弊社オフィスにいらっしゃるのが難しい場合も多いでしょう。東京以外にお住みの方や、さらに遠方の方は、なおさらかと思います。


私が、貴方のご指定の場所に出張することも可能です。しかし、私の交通費・宿泊費に対する貴方のご負担の問題があるでしょう。また、今は、新型コロナウィルスの影響で、なるべく人との面会を減らしたい方もいらっしゃるでしょう。


そこで、今以上に、電話や、メール、LINE、Skype、Zoomを使うこととし、それを、現在、進めております。


報酬は、面談の場合と、変わりません。今後は、今以上に、デジタルツールによる、離婚相談や、打ち合わせを、貴方のご希望により、進めてまいる予定です。


もちろん、これまで通りの、弊社などでのご面談も、大歓迎です。


これからは、効率化も、問われる時代。貴方にとっても、また、私にとっても、お互いに、早く、楽に、結果を得られる方法をとりましょう。


その際は、面談により得られる効果に、なるべく近づけられるよう、努めます。


デジタルツール活用ご希望の際は、ご遠慮なくおっしゃってくださいね。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

 

【離婚に徳するお話】言い方、内容には気をつける

【言い方、内容には気をつける】
貴方も、相手から言われたとき、ときには、ムッとしたり、カチンとしたりすることがあるかと思います。


それは、相手も同じです。


すなわち、相手が嫌なこと、頭にくることは、相手に対し、極力言わない方がよいでしょう。


言うと、喧嘩になるはず…。


もし、言う必要があるのであれば、言い方を考えましょう。


「ものは言いよう」。


同じことを相手に伝えるとしても、使う言葉で、相手の受け取り方は全く違うのです。


Aパターン:(新聞を指差しながら)「おい、それ、よこせ!」
Bパターン:「ゴメン。そのテーブルの上にある新聞、持ってきてもらえるかな?」


「私は、貴方に、新聞を持ってきて欲しい」という趣旨で、相手に対し、どちらも言っておりますが…、しかし、いかがでしょう。印象はだいぶ違うはず。


クレバーなやり方は、目的を達成することに最も重点を置き、かつ、なるべくリスクの低い手段をとることです。たとえ、ちょっと嫌でも、面倒でも、です。「勝てば官軍、負ければ賊軍」とも言いますよね。


つまり、貴方にとって、一番大切なのは、こちらの希望通りに、相手に考えてもらい、判断してもらい、かつ、やってもらうことではないでしょうか。


だとしたら、あえて、相手を怒らせたり、プライドをズタズタにしたりする必要はありませんよね。それは、たとえ、家族だとしても同様です。


逆に、言い方を誤れば、こちらの希望通りに物事をやってもらえないだけではなく、相手は、貴方に対し、精神的または物理的な攻撃もしてくる可能性があります。


ですから、自分の感情(喜怒哀楽や、イライラ、ストレスなど)を、そのまま、相手にぶつけるようなことも、極力避けたいものなのです。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

 

【離婚に徳するお話】形にすると見えてくる

【形にすると見えてくる】
依頼人の皆様は、離婚後の計画書や、離婚協議書、公正証書案、誓約書、示談書、内容証明書などの書類の形にまとめると、様々なアイディアを、さらに生み出されます。


それはなぜか。


思うに、目に見える形(書かれた形)にすると、それは、頭の中ですでに確定され、次なる、新たなる思考が、頭の中で、できるからなのではないでしょうか。


すなわち、頭の中は、新たに別のことを考える余裕ができるわけです。


だから、僕は、紙に書く、ということを依頼人の皆様にオススメしております。ブレインストーミングが、いい例ですね。


頭の中だけで考えるだけでは、どうもモヤモヤするばかりで手につかない…。


しかし、紙に書けば、さらなるものが見えてきます。


頭の中の思考をさらに効果的に循環させる。


協議離婚の上でも、しなやかな思考は、要でしょう。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

 

 

【離婚に徳するお話】動揺したら、負け

【動揺したら、負け】
相手は、貴方が動揺するように、様々な作戦を実行してくることがあります。


そして、その作戦は、貴方の弱点をえげつなく突いた、嫌なものであります。


その際は、貴方はまず冷静になることが大切です。なぜならば、相手は貴方がパニックになることを狙って、仕掛けているわけですから。相手も必死。


ならば、貴方は、相手が期待することと、正反対のことをすればいいわけです。


ちなみに、法律問題の場合、急ぐべきなのは、証拠集めと、時効と、期限くらいです。


それ以外は、優雅に、落ち着いて、じっくり行った方がいいですよ。


まあ、不安が生じたら、貴方の専門家の先生に、すぐには、報告・連絡・相談は、すべきですが、基本的には、それくらいで大丈夫です。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】ワタシだけのリコンのカタチ。

【ワタシだけのリコンのカタチ。】
これからの離婚問題は、一般的によくある条文のみで構成された、安易な内容の「離婚協議書」や「公正証書」では、ますます、対応できなくなるでしょう。


すなわち、貴方にピッタリな取り組み、すなわち、ケースバイケースな方法を、皆で、真剣に、考えていく必要があると、私は考えております。


これからは、個人個人のそれぞれが、様々なご決断をなさるべき時代です。


すなわち、これからは、自分のライフスタイルを、自由に歩んでいくべき時代。…もちろん、法的な義務もありますけれどもね。
. 

しかしながら、最低限、貴方だけが苦痛に耐え、貴方だけが「我慢する」とか、貴方だけが「耐える」という選択肢だけは、避けていただきたいのです。


たしかに、それでも、貴方が、それら苦痛に耐えることをお望みであれば、それも、貴方の人生でしょう。


しかし、貴方の人生は、一度きり。後悔をなさらないように、どうか、人生を歩んでください。


さて、貴方が離婚を決断なさるとしても、貴方の御心配や御不安なものとして、お金や、家、お子様の問題などがあるでしょう。


また、相手自身に対する御心配・御不安や、御家族、御親族の問題も、あるでしょう。


それらについて、離婚しつつ、なるべく問題が解決できるような最善の方法は、果たしてないものか…。一緒に、考えていきませんか?


貴方のための、しかも、貴方だけの離婚の形。ぜひ、貴方にとって、ベストな流れを、一緒に考えていきましょう。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】相手に応じてもらうには

【相手に応じてもらうには】
自分の希望する方向に、相手に動いてもらいたい…。


その場合には、コツがあると思います。


それは、「どうしたら、相手は、応じてくれるのか」ということ。


特に、言い方や行動には、注意したいもの。


ときどき、この際に、ついでに復讐をなさろうとしたり、ストレスを発散されようとなさる方がいらっしゃいますが、よほど上手くしない限り、おすすめしません。


悪くすれば、相手に応じる気持ちを失わせますし、もっと悪くすれば、相手は、応じるのを拒否します。


大切なのは、自分の希望の実現ですよね?それができなくなったら…。


「せっかくのタイミングだから、ギャフンと言わせたい!」


お気持ちはわかりますが、それは、残念ながら、別の機会にいたしましょう。
..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

 

【離婚に徳するお話】余計なことは言わず

【余計なことは言わず】
離婚に関する話し合いで注意するべきことの一つに、余計なことは言わない、ということがあるように思います。


たとえば、「私、離婚に合意するわ」と、相手に対し、言ったとします。


すると、もう、取り消しは難しくなるでしょう。まあ、法律上取り消す理由がある場合なら、別ですが…。


ましてや、それがメールだったり、録音・録画されていると、ますます厄介です。証拠が残っておりますからね。


だから、貴方が本当によいと思い、今後その意思は絶対に変わらないと覚悟したもの以外は、言ったり書いたりしてはいけません。


あと、私も、法律行為以外の時に、ついついやってしまう、「リップサービス」。すなわち、気分がよいとか、ほっとすると、つい出てしまう、余計な一言。そして、安請け合い。


これも、覚悟なき限り、しないようにしましょう。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823