徳する離婚相談など[新潟県五泉市・新潟市等]

離婚法務12年目。新潟県五泉市出身の「離婚行政書士」渡邉康明によります、新潟県の皆様の離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。なお、五泉市を含め新潟市などの新潟県の皆様の離婚に関する具体的な業務ももちろん可能です。皆様の離婚準備のトータルサポートまでご用意しております。詳細は各記事にリンクしておりますホームページを。お電話、メール、スカイプ等の活用も可能。面談ももちろんできます(実家が五泉なので宿泊費は基本的には不要)。お問合せは無料。貴方の幸せな離婚後のために…。

【離婚に徳するお話】会話のキャッチボール

【会話のキャッチボール】
離婚カウンセリングや、離婚協議書を作る際などの法務相談では、僕は、会話を交わす、ということも重要視します。

すなわち、会話のキャッチボール。

ご相談者様が、何にお困りになられ、それゆえに何を解決したいとお望みなのか。

これは、会話のキャッチボールを沢山してみることで見えてきます。

最初は初対面のことが多いですから、お互いに緊張感があります。

しかし、会話のキャッチボールをしていくと、お互いに緊張感がとれていきます。そして、いよいよ質問から、本質を突いていきます。

ただし、この場合でも、リラックスの場の環境作りは怠りません。リラックスの環境であるからこそ、会話のキャッチボールができると思います。

依頼人の解決のために必要なことは何か。その研究はますます深めていきたいですね。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】子どもの養育費に関する合意書

【子どもの養育に関する合意書】
今、手元に、法務省発行のパンフレット『子どもの健やかな成長のために〜離婚後の「養育費の支払」と「面会交流」の実現に向けて〜 子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A』があります。

このパンフレットは、実にわかりやすく、子供の養育費と、手元でお子様をお育てにならない親御様の面会交流について書かれています。

そして、一番よいのは、「子どもの養育に関する合意書」の雛形が添付されていること。たとえば、これをコピーして使用すれば、つまり、この合意書の雛形をコピーし、夫婦で必要事項を記載し、署名捺印すれば、養育費や面会交流につき、合意の証が出来上がります。つまり、養育費や面会交流に関する協議書が出来上がるわけです。

離婚する際、養育費と面会交流だけが問題ならば、弁護士や行政書士に離婚協議書作成を依頼したり、ウェブで離婚協議書の雛形を探さなくても、これでよさそうです。

なお、このパンフレットは、市区町村の窓口で、離婚届用紙を取りに行った際、窓口の方がくださるそうです。

また、法務省ホームページ『「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&Aについて』にも、掲載されておりますので、よろしかったら、こちらもご活用ください。

ただし、養育費・面会交流以外の取り決めを夫婦間で約束しなければならない場合、たとえば、財産分与や、慰謝料、連絡先の報告などの義務をお互いに課す場合は、やはり、離婚協議書を作成しなければならないですし、養育費不払いの際の差押えのしやすさを求める際や、年金分割を求める際には、公正証書にまでしなければなりません。

だとするならば、やはり、離婚協議書または公正証書が必要となるご夫婦が多いかな、と思います。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】法律だけではない離婚

【法律だけではない離婚】
実は、離婚問題の解決というのは、法律に関する知識・技術だけでは足りないと思うのです。

これは、特に、離婚・相続分野にいえるかと思います。

人には、「感情」があります。すなわち、喜怒哀楽。

その感情に対し、きちんと対応しないと、後々大変なことになってしまいます。

特に、家庭・親族というのは、特殊な関係。すなわち、「家族」、「親族」ということが、良くも悪くも働いてしまいます。だから、喜怒哀楽は、他人よりも遠慮なく、激しくなりやすい。で、「家族」、「親族」の場合、ここを押さえていないと、うまくいかないことが多い。

「法律はそうだけどさぁ」、「理屈はそうだけどさぁ」…。

そこに真摯に耳を傾けられないと、後々あまりよろしくないわけです。

僕が、「離婚行政書士」として、行政書士業務のほかに、離婚カウンセリングや離婚コーチングもしているのは、それゆえです。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】情報は正確に

【情報は正確に】
離婚に関する情報は、様々あります。

インターネットによる情報も、もちろん便利です。しかし、法律に関する情報というのは、専門家から取得したいものです。

法学部や、法学研究科、法科大学院の教授。特に、民法でも、離婚に関する研究をなさっていらっしゃる先生のご見解は心強いですね。学者の先生は、離婚に関する法律・判例の解釈につき、深く、論文を公表しながら研究なさっていらっしゃるわけです。「これが妥当だ!」と。

実務家でも、離婚法務についてご研究され、実務経験がご豊富な先生方のご見解は心強いわけです。特に、学者の先生方とは別で、実際に、依頼人の案件につき、様々な機関を通し、具体的に問題解決をなさっていらっしゃるところが心強い。「現実はこうだよ」と。

だから、学者・実務家の考え方をバランスよく取り入れたいもの。

僕の場合は、離婚に関する法務の研究をする際は、学者の先生が書かれた文献と、実務家の先生が書かれた文献の両方を参考文献として使用します。

すると、結論の妥当性が高まるわけです。

12年目でも、絶えず研究。離婚に関する法律・判例も、日々少しずつ変わるので、研究に終わりはないと思います。

ですから、まずは、上記をご参考に、信頼できる方から情報を得てください。

自分に有利な情報は声高に伝え、自分に不利な情報は伝えない。それが「世の常」。残念ながら、正しい情報は、自分の責任で積極的に勝ち取らざるを得ないわけです。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】離婚後の不安をイメージ

【離婚後の不安をイメージ】
離婚協議書を作成するときには、離婚後に考えられそうな不安点を紙に考えられるだけ書き出してみましょう。

つまり、ブレインストーミング

離婚協議書を作成する際に考える、それでもよいのですが、いざ「今すぐに出し切ってください」と言われても、思いつかなかったり、言うのを忘れたりすることもあります。

だから、これも早いうちから考えておく。

たとえば、
「ダンナが、私たちの家に、アポ無しで来そう」
とか、
「借金を頼みに来そう」
とか、
「養育費を払わなさそう」
とか…。

それらの心配に対し、可能な限り、離婚協議書を使って、また、公正証書を使って予防する。

さて、それも、離婚を主に扱う行政書士としての腕の見せどころ、とでもいいますでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】離婚協議書の確認

【離婚協議書の確認】
離婚協議書を作成するとき、やはり気を付けるのは、「確認」です。

内容は依頼人様のご希望に沿っているかどうか。そして、誤字脱字がないかどうか…。

僕は、一般財団法人 実務教育研究所の校正実務講座を修了しております。ですから、校正に用いる「素読み校正」や、校正記号「イキ」・「トル」などの使用など、校正の技術を業務に活用し、誤字脱字がなきよう、離婚協議書などの書類作成時、チェックをしております。

それから、「グラフィック化」。これは、大学受験の際、現代文の予備校の先生に習ったテクニックをベースにした、僕のチェックノウハウです。

確かに、試験ではたいてい、色鉛筆は使えません。しかし、僕の業務は「試験」でないので、コピーしたものに、色鉛筆でカラフルに遠慮なくチェックを入れていきます。

特に、主語や、述語、要件、場合…。それらを、仮に後で誰がみてもわかりやすいように、色や記号で「図示化」していきます。

すると、なんとなく目で読んで確認するよりも、確認の質が上がります。

法律の解釈力だけでは対応できない技術も、鋭意磨いてまいります。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823

【離婚に徳するお話】ご相談はお早めに

【ご相談はお早めに】
離婚問題に限らず、法的トラブルは、日に日に変化をしていきます。

「どうしようかなぁ…」

迷っている今にも、状況は日に日に変化していきます。

「考えがまとまらない!相談するか迷ってる!!」

また、状況は、放置していると基本的に悪化すると思っておいた方がよいです。

では、どうするか…。

やはり、相談だけでも今すぐしてみることをお勧めします。

相談料が今すぐかかる場合もあります。しかし、貴方の今後に有益となるかと思います。

また、書類の作成もなるべくお早めをお勧めします。

自分の離婚届提出日近くに、離婚協議書を依頼する…。

士業は最大限尽力致しますが、しかし、作成時間が物理的に足りず、貴方を守る書類としては、貴方の満足できるものではないまま完成するかもしれません。

依頼も早めにしていただけますと、より完成度は高まります。

相談・準備はなるべくお早めに。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823