徳する離婚相談など[新潟県五泉市・新潟市等]

離婚業務13年目。新潟県五泉市出身の「離婚行政書士」渡邉康明によります、新潟県の皆様の離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。なお、五泉市や新潟市などの、新潟県の皆様の離婚に関する業務も、もちろん可能です。なお、全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。面談も、もちろん可能(実家が五泉なので、宿泊費は、基本的には不要)。お問合せは、無料。詳細は各記事にリンクしたホームページを。幸せな離婚後のために。

【離婚に徳するお話】離婚協議書は本当に不要?

【離婚協議書は本当に不要?】
離婚協議書には、2つの効果があります。


すなわち、
①あげる・もらう約束をすること、
②あげない・もらわない約束をすること、
です。そして、②が、今回、特にテーマです。


離婚協議書を作らない、ということは、「ご夫妻の離婚協議書が存在しない」ということ。


ということは、「清算条項」のある離婚協議書を作らないということ。


そうすると、時効とならなければ、どちらも、いつでも、何かを、追加で、相手に要求できる、ということと同じになります。


後は、時効などで、相手に対して、対抗できるかどうか…。


つまり、後々、相手と、またトラブルになる危険性があるわけです。


再度確認いたしますが、本当に、お相手について、今後心配なことは、ございませんかね?実は、離婚後にトラブルに発展しているケースは、よく聞きますよ。


ですから、仮に②で済ませるとしても、「②で済ませる」という内容の離婚協議書は作るべきだと、僕は思います。


ちなみに、②の場合は、離婚協議書は作るべきだとは思いますが、公正証書にまではする必要は、原則的にはないのかな、と思います。
..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823